営業部 主任 池田 尚樹 画像

担当業務

主に事業所向けにコピー複合機、防犯カメラ、建設機械など、マンション管理組合向けに玄関扉、アルミサッシなどの住宅建材などの一般リース業務を担当。また、防災用品、清掃機器等の販売業務を兼務する。

入社一年目

生半可な知識では仕事にならないと痛感

異業種の会社からの転職組で、当社の創業時からの事業である一般リースと販売を担当しています。リースについては、「お客さんが必要とするモノを、分割で使いやすいように提供する」程度に理解していましたが、すぐに仕事の奥深さに気付かされました。主力商品であるコピー複合機であれば、機械の操作方法などはすぐに説明できます。しかし、お客様からの問い合わせ内容はリースの料率、科目の扱い、償却の部分など多岐にわたり、リースを担当していながらスムーズに答えられませんでした。生半可なことでこの仕事は務まらないと気付いて、それから勉強を続けています。それでも、完璧とはまだまだ言えません。

営業部 主任 池田 尚樹 画像
現在

自分の名前で呼ばれることも成長の証し

当社には、社員の自主性を尊重する社風があります。上司から大きなテーマが与えられて、最終的にお客様が満足できるものを提供できるなら、どうアプローチしようと構わない、というように、自分たちのやり方で進めさせてもらえるので、結果が出たときは素直にうれしいですね一度に予算を使うのではなく、耐用年数を見計らいながら期間を設けて負担を軽減するリースは、お客様の会社の経営の安定化にも貢献します。その自負が新規顧客、新規商材の開発に励む、自分のモチベーションになっています。私は入社して5年ほど経ちますが、最近は取引会社から「リースの担当さん」ではなく、「池田さん」と呼ばれることが増えました。これもやり甲斐の一つですね。

営業部 主任 池田 尚樹 画像
営業部 主任 池田 尚樹 画像
営業部 主任 池田 尚樹 画像
10年後の未来

主力業務で力を発揮していたい

これまでは自分1人で動いていましたが、いつまでも個人商店は好ましくありません。主任という役職をいただき、後輩もできたので、今は若手にいろいろなポジションを経験させて見守っています。それと、業務とは関係ないですが、和気あいあいとした雰囲気の職場にしたくて、若手のことはアダ名で呼んでいます。仕事中に笑い合える、ときどき息抜きできる環境の方が、いい仕事ができますよ。これまではリース事業が会社を引っ張ってきましたが、10年後は違う業務が柱になっている可能性もあります。自分としてはそれが何であっても携りたい、主力部署で思う存分に力を発揮している自分が目標です。

営業部 主任 池田 尚樹 画像

池田 尚樹 ある日のスケジュール

池田 尚樹 ある日のスケジュール画像
営業部 主任 池田 尚樹 画像
営業部 主任 池田 尚樹 画像

望んでいた以上のプライベートタイム

前職では業務の関係で土日出勤が多く、妻や2人の娘に負担がかかり、正直なところ後ろめたさがありました。現在は、家族の生活スタイルが一変しました。今は中学生となった上の子となるべく話す時間を持ちたくて、塾や部活に送り迎えする時間までには帰るようにしています。週末も家族で遊べる時間が持て、妻はママさんバレーの練習に、自分も高校時代の友人とゴルフに出かけられています。